読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごちゃまぜにゅーす

副業、IT、ニュース、トレンド、日記、興味があることをごちゃごちゃと書き記していきます。

社内起業がしたい。会社員だけどフリーランスのように働くこと。

f:id:astrayroad:20161125004059p:plain

 

 

今日も朝6時から夜22時まで仕事でした。

 

社畜といえばそうですが、最近は自分はフリーランスであると考え、社内起業を目標に仕事に取り組んでいます。

 

事実、営業という仕事柄、一歩外に出れば完全に自分の裁量で1日を過ごせます。

 

もちろん、サボることも出来ますし、実際にたまにサボることもあります。

 

しかし、明らかにサボりすぎると、目に見えてその反動が数字に表れます。

 

会社員ですので、数字が落ち込んでも給料は支給されますので、ご飯は食べられます。その代わり会社では無能扱いされ、下手をすれば同期や後輩が先に上の役職を貰い、その後は微妙な会社員人生を過ごすことになります。

 

もちろん、「俺はオンリーワン」という人もいるでしょうし、そもそも会社とは一線を画し、あえて必要最低限の能力で昼行灯で過ごす人もいると思います。

 

もちろん、そのような生き方もアリですし、むしろ私もそう出来るならしたいものです。

 

しかし、そのような生き方ができる人は、本当に有能か、それとも本当にクズで言い訳しかできない人の、どちらかのような気がします。

 

実は私は結構なコンプレックスがあり、今の会社に入る前の会社。それも一社ではなく二社ほどで、無能営業マンの烙印を押されていました。

 

当時はまだまだ人生経験も少なく、営業のやり方が解らなかったというのもありますが、それ以前に諦めが非常に早かったのです。

 

売れないことを周りのせいや、商品のせいにしすぎ(でも実際に最悪だった。因みにその会社の前を久しぶりに通ったら会社が無くなっていた。ざ○あみろw)自分はやればできるんだけどね。と嘘吹いていたのです。

 

結局、半ば戦力外通告のような形で会社を去ったのですが、何故か、再就職先も営業を選びました。

 

理由を簡単に言えば、他にできることがなかったからです。

 

特別なスキルがあるわけでもなく、持っている資格は普通免許とポケコン基礎級という謎の資格。

 

学歴なし。コネなし。人脈なし。の底辺のフリーターの子持ちがすぐに出来る仕事は営業しかなかったのです。

 

どうせここも1年持てばいいか。と思って入った会社。

 

しかし、当たり前のように仕事をしたら何故か前任者よりも数字がいきなり上がっていました。

 

あれ?なんで?

 

仕事の内容自体は、以前の営業とはまた違った営業スタイルですが、それでも数字が上がって評価されるのはとても嬉しいことでした。

 

それからはとにかくガムシャラに働きまくりました。

 

本当に働きまくった。という表現が正しいぐらい仕事をしました。

 

自分の無能さを知ってるが故、ガムシャラにやらなければならなかったのです。

 

ブログもそうですよね?

 

有能な人はすぐに結果が出ますが、能力が少ない人は、とにかく書きまくるしかないんですよ。特に最初は。

 

全部同じ。自分に能力がないならとにかく身体を動かしてやるしかないのです。

 

当時は本当に大変でしたが、おかげで2年で役職を貰い、自分の中で蠢いていた仕事での承認要求は満たされました。

 

その時期の経験がベースとなり、現在があるのですが、その時から私は、いろんな本や雑誌を読み始めました。

 

自己啓発からマーケティング。プレジデントやら日経新聞などなど。意味が解らなくても目を通し続けました。

 

それは10年後、会社の中枢に入り込み、影響力を発揮させるためには必要な知識だと考えていたからです。

 

自分の知らない知識を豊富に持っている人間には、人は尊敬の眼差しを向けてくれます。

 

大企業ならともかく、当たり前のことをやるだけで数字があがり評価をされるような会社ですから、上層部も大した知識はなさそうでした。

 

そしてそれは結構当たりで、予定通り、10年後、会社の中枢に対しての発言が出来るようになった頃、その培った知識が生き始めてきました。

 

そうなってくると、次にやることは、別部署を作ってもらう作業です。

 

正直、他の人と同じ仕事をやり続けていても、結局は上司が定年するか、組織が大きく変わらない限り、中種企業では上には上がれません。

 

別に出世がしたいわけではなく、会社での権限が欲しいわけです。

 

そして権限を手に入れるなら出世するしかない。

 

しかし、それを待っていては、いつになるのか解らない。

 

だからこそ、通常の仕事でも結果を出しつつ、培った知識で影響力を発揮し、別部署を作ってもらう必要があります。

 

自分で別部署を創ってしまえば、その部署の権限は自分に与えられる筈です。

 

私は一時期、独立志向が強かったのですが、リスクの大きさを感じ、方向転換し、今は社内起業を目指しています。

 

それがこの別部署のことです。

 

現在、部署ではないですが、プロジェクトチームとして動いており、少しずつ結果も出てきました。

 

今日の会議で、さらにワンステップ進みそうです。

 

だから私は今、会社員ですが、フリーランスのような気持ちで働いています。

 

フリーランスという意識を持つと、会社の枠を超えた発想ができ、行動に表れます。

 

自分の地域を、どのような手法を用い、数字を伸ばすかを別視点で見始めます。

 

その数字を手土産に、スポンサーである会社に提言します。

 

こういった部署を創れば、新たな数字が見込めます。と。

 

そしてそこの責任者に私がつきます。

 

そうすれば、周りの環境に左右されることなく、自由に自分のやりたい仕事ができます。

 

だから今は、どんなに社畜でもいいや。と思っています。

 

まあ、たまにブログで仕事の愚痴も書きますし、今日の記事とは矛盾した記事も書くとは思いますが、それが日々、仕事をしている証しなのです。多分・・・

 

 

はじめての社内起業 「考え方・動き方・通し方」実践ノウハウ

はじめての社内起業 「考え方・動き方・通し方」実践ノウハウ

 

 

こんな記事もどうぞ

 

 

astrayroad.hatenablog.com

 

 

astrayroad.hatenablog.com

 

 

astrayroad.hatenablog.com

 

 

astrayroad.hatenablog.com