読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごちゃまぜにゅーす

副業、IT、ニュース、トレンド、日記、興味があることをごちゃごちゃと書き記していきます。

ブラック企業っていうけどホワイト企業ってあるの?

f:id:astrayroad:20161020213035p:plain

 

最近またブラック企業の話題で世間が騒がしい。

 

電通という巨大企業での問題ということもあり、報道も大々的で、日本中で労働に関する議論が巻き起こっている。

 

100時間残業に関しても人によって意見が分かれているが、私としてはなんとも言えない。

 

大変だとも思うし、昔はやってたな、とも思うし、仕事が終わらなければしょうがないとも思うし・・・

 

よく、自殺してしまう前に辞めればいいというが、それはそれで難しかったりする。

 

なんというか、精神的な部分でここで投げ出したらダメだ。という気持ちが強く自分の中に目覚めてしまい、辞める=逃避となるような気がしてしまう。ここで逃避の選択をしてしまうと、今後の自分の人生は安易に逃避の選択をしてしまうのではないか?という気持ちにすらなる。

 

だから自分の限界値を超えている、超えかけているのも気づかず、一気に突き進んでしまう。

 

そして脱線してしまう。

 

そこまで明確ではないにしろ、私自身も朝6時出社で仕事をこなしながら、夜中の23時ぐらいに高速道路を運転しながら会社に戻っていた時などは、おもむろに死んだら楽かな。とふと思う時もあった。

 

別に本気でそっちの道を選ぶつもりではないにしても、そっちが楽なのかな?と一瞬でも思ってしまう精神状態に、長時間労働は陥る時がある。

 

しかし、退職という選択は出てこない。

 

人によっては「辞めたる」で済むかもしれないが、それが難しい人もいる。

 

経済的にも、そして精神的にも。

 

しかし、ブラック企業として取り上げるられるのは主に大企業ばかりだが、実際はそんな企業は中小企業の方が遥かに多い。

 

人も金も少ない中小企業は、その少ない人力に頼るしか、売り上げを確保する方法がない。

 

働いている社員も、ベテランになればなるほど転職の道は険しくなるので、激務を受け入れざるしかない。

 

業績を伸ばせば伸ばすだけ業務は増え、労働時間も増える。

 

それに比例し賃金が上昇するかといえばそうでもない。

 

取引先の企業にそのような企業が多く、そのような実情を目の当たりにすると、複雑な気分になる。

 

しかしブラック企業と騒がれるが、では一体、今の日本にどれだけホワイトな企業はあるのか?

 

よくてグレー企業ばかりじゃないのか?

 

そもそも企業のあり方を色で分けてどうすんの?

 

自分でもよく解らんが終わり。

 

これだけは知っておきたい「転職」の基本と常識【改訂版】