読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごちゃまぜにゅーす

副業、IT、ニュース、トレンド、日記、興味があることをごちゃごちゃと書き記していきます。

ノンアルコールビールでも依存症になる?

雑記

最近のノンアルコールビール。昔と比べると、非常においしくなってますよね。

 

アルコールが入っていないから、もしかしたらアルコール依存症の人や、お酒を控えたい。と考えている人には効果的なのでしょうか?

 

 

結論から言うと、NOみたいです。

 

アルコール依存症だからノンアルコールで、という考えは危険です。

 

そもそもアルコール依存症とはなんなのでしょうか?

 

アルコール依存症

 

 アルコール依存症(アルコールいそんしょう、アルコールいぞんしょう、Alcoholism)、アルコール使用障害(Alcohol use disorder, AUD)とは、薬物依存症の一種で、飲酒などアルコール(特にエタノール)の摂取(以下「飲酒」とする)によって得られる精神的、肉体的な薬理作用に強く囚われ、自らの意思で飲酒行動をコントロールできなくなり、強迫的に飲酒行為を繰り返す精神疾患である[2]。患者は、アルコールによって自らの身体を壊してしまうのを始め、家族に迷惑をかけたり、様々な事件や事故・問題を引き起こしたりして社会的・人間的信用を失ったりすることがある

Wikiより

 アルコール依存症の人は、自分で飲酒量を制限できなくなるようです。

 

飲み始めたら止まらないのでしょう。

 

私の知り合いにも酒癖の悪い人間はいますが、依存症とは違うようです。酒癖と依存症の関連は無いようですが、お酒が強い人ほど、強い酒を飲まなければ酔えないので、依存症になる危険性は高いようです。

 

アルコール依存症になってしまうと、仕事中であろうが、真夜中であろうが、お酒を求めてしまうらしく、会社のトイレなどで飲酒をしてしまう人もいるみたいです。

 

以前、私の取引先に、すごく人のよさそうな方がいましたが、時折、物凄いお酒の匂いを振りまいていました。その後、職場で急に暴れだして退職されましたが、聞いた話によると、どうもアルコール依存症であったらしいです。

 

しかし、会社の人間からお酒について問われると、真顔で「私はお酒は飲めません」と言い張っていたようです。本人なりに辞めようとはしていたのかもしれませんが、自身でもはやコントロールできなくなっていたのかもしれません。

 

アルコール依存症の症状

 

コントロール障害

 

飲み始めると、普通は程よい程度で飲酒を辞められるが、依存症になると、この程よい程度で終わらない(終われない)酔いつぶれるまで飲み続ける。自身の意思で飲酒量をコントロールできなくなる。

 

 

身体異常

記憶欠落。悪夢。悪寒。手の震え。幻覚。幻聴などがみられる。また、肝臓、その他の内臓へのダメージが蓄積され、合併症を引き起こす可能性もある

 

 最終的には死に至る可能性もあるため、少しでも自覚があるならば、早めに医師や専門機関に相談しましょう。

 

alcoholic-navi.jp

 

そして表題のノンアルコールビールですが、こちらはアルコールは入っていませんが、ビールに非常に似た飲みものになります。

 

味もビールにより近いため、ビールを飲んだ気分は味わえます。

 

この飲んだ気分が問題で、肉体的には問題なくても、精神的依存を引き起こしてしまいます。結果、アルコール依存症予防や治療には全くといっていいほど役には立ちません。

 

ノンアルコールビールだから大丈夫。という考え方は非常に危険です。

 

お酒を控えたい。依存症の症状がある?と少しでも思う人は、ノンアルコールビールも控え、診察を早めに受けることをおすすめします。

 

 よかったらポチっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

 

広告