読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごちゃまぜにゅーす

副業、IT、ニュース、トレンド、日記、興味があることをごちゃごちゃと書き記していきます。

転売をやっていて驚いたこと、ちょっと嬉しかったこと。

副業

f:id:astrayroad:20160123204313p:plain

ちょこちょこ触れていますが、趣味程度に転売をやっています。

 

以前は結構気合入れてやってまして、元手200円ぐらいから、多分、200万円ぐらいは増やしたと思います。

 

 

現在はちょっと減って、150万円ほどになってますが・・・

 

今は以前と違い、転売状況が変わってしまい、私の手法では稼ぎにくいとは思いますが、気が向いた時にふらっと目ぼしい店を覗くと、たまにおいしい商品があったりするので、仕入れて販売したりします。

 

今回は、そんな転売をやっていて驚いたこと、嬉しかったことを書きたいと思います。

 

私の転売手法は、主に王道の本せどりでした。

 

古本を安く仕入れて、アマゾンで販売する。

 

もしかしたら知らない人もいるかもしれませんが、アマゾンって個人でも簡単に出店できるんです。しかも無料で。

 

アマゾンの仕組みについては、今後記事に書くとして、私はアマゾンをメイン販売チャネルとして、古本をメインに販売を繰り返してきました。

 

当時はまだブックオフの105円コーナーにも、まだまだ利益のとれる商品が置いてあり、アマゾンとの価格差を確認しながら、利益の取れる商品を結構仕入れていました。

 

リサイクルショップや、近くの駄菓子屋にも、たまにネット上で高額になっている雑誌などが格安で販売してある時があり、まるで宝探しのように商品を探していました。

 

月に約150冊の販売を行い、純利益は約4万5千円ほどを目標とし、時間がある時は黙々と仕入、販売を繰り返していました。

 

元々本は好きでしたが、販売となると、自分の興味のない分野にも手を出していくわけですが、ある日仕入れた一冊の本。105円で購入したのですが、アマゾンではなんと、2万円以上の値がついているではありませんか!!

 

しかし、アマゾンランキングは100万以上でしたので、長い目で販売できればいいかな・・・ぐらいな気持ちで保管していたのですが・・・(因みにアマゾンランキング30万以内ほどであれば、3ヶ月以内に販売しやすいライン。100万以上は売れるかどうか微妙なライン)

 

ある日、メールが1通・・・

 

「こんにちわ。〇〇大学の者です。そちらが販売されている書籍ですが、非常に貴重なものでして、現在は手に入らないのです。良ければ購入したいのですが、予算の都合上、1万5千円ほどに値引きしていただけないでしょうか?」

 

・・・・・・

 

・・・・・・

 

・・・・・・

 

・・・・・・

 

まじか・・・

 

なんだか少し悪い気もしましたが、結局1万5千円で販売しました。

 

いろいろ思うところもありましたが、埋もれている希少本を探して、それを探している人たちに手数料を頂き販売している。と思うようにしました。

 

実際、本を仕入れるときは、かなりの時間と労力を要します。

 

仕入れに行っても、空振りの時も多く、楽ではありません。

 

転売行為自体を批判されることもありますが、商品を買い占めて品薄の状況にして、オークションで販売する手法とはまた違います。

 

ある人からは、定価以上で購入されたにも関わらず、

 

「ずっと探していた商品でした。あきらめていましたが、こんなにも状態が良く購入できるとは思っていませんでした。ありがとうございます!!」

 

とか、

 

「いま、入院しており、本を読むことだけが楽しみです。この本の初版を探していました。相場より安く購入できて良かったです」

 

などと言った嬉しいメールを頂くこともありました。

 

自分にとっては価値がなくとも、その商品を探している、求めている人がいる

 

そのような人に商品を届けることが出来、且つ自分の利益になれば、これほど嬉しいことはないな・・・

 

そう思い、転売をつづけていました。

 

最近は殆ど転売をやっていませんが、もう少し余裕ができれば、今は輸入転売をやってみたいと思ってます。

 

転売は誰でもすぐできますので、興味がある方は、身の回りの不用品を販売してみるといいですよ。意外と高く売れるかも。