読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごちゃまぜにゅーす

副業、IT、ニュース、トレンド、日記、興味があることをごちゃごちゃと書き記していきます。

ガンダム新作アニメ。Twilight AXISが楽しみ。小説も連載中

アニメ

機動戦士ガンダムの宇宙世紀シリーズの最新アニメが「機動戦士ガンダム Twilight AXIS」に決定しました。

 

この物語はガンダムUCの後日談。そしてガンダムF91をつなぐ内容になりそうです。

 

 

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 COMPLETE BEST(期間生産限定盤)

機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096 COMPLETE BEST(期間生産限定盤)

 

 

機動戦士ガンダムF91 [Blu-ray]

機動戦士ガンダムF91 [Blu-ray]

 

 気になる内容は?

このトワイライトアクシズですが、現在矢立文庫で絶賛連載中ですので、まだ全容が明かされていないのですが、簡単に言うと以下。

 

宇宙世紀0096年、ラプラスの箱=宇宙世紀憲章をめぐる事件後から数か月が過ぎたころ、地球連邦軍は地球圏外に漂う、分断されたアクシズに調査団を派遣させる。
 調査団のメンバーには、アルレット・アルマージュとダントン・ハイレッグという二人の民間人も参加していた。
 彼らはかつて技術者とテストパイロットとして、ジオン公国軍、そしてネオ・ジオンに仕官していたという過去があったのだ。
 アクシズに潜入した調査団は、誰もいないはずの基地内で強襲を受ける。
 そしてアルレットとダントンは、想像もしていなかった出来事に遭遇するのだった…。

矢立文庫サイトより引用

 

今回の主人公は元ジオンの技術者とテストパイロットだった二人の男女。

 

この二人は第二次ネオジオン戦争の後、戦場を離脱。身分を偽り、民間人として各地を転々としながら平穏に暮らしています。

 

何故、各地を転々としているかは本文を読めば解ります。(記事ラストに無料で読める矢立文庫のリンク貼っておきます)

 

そんな二人の正体を調べ、訪ねてきたのが地球連邦政府の特殊部隊「マスティマ」に所属するメーメット・メルカ。

 

彼の任務は「サイコフレーム」の資料がアクシズ内に残されているかの確認。そして回収。

 

ガンダムUCにてサイコフレームの驚異的な力を目の当りにした連邦政府は、その技術が他の組織に渡ることを恐れ、サイコフレームが生まれた場所。アクシズを急遽調査することを決めたのです。

 

そのため、アクシズのことを熟知している人間に道案内を頼む必要があり、そこで目をつけたのがアルレットとダントンだったわけですが、ダントンはこの申し出を最初は断ろうとします。

 

しかし、アルレットはこの依頼を受けると言い、仕方なくダントンは依頼に応じることになり、二人はアクシズに赴くのですが、アルレットには実は別の思惑があり、この依頼を受けていました。

 

これ以上書くとネタバレになりますので、興味がある方は小説を読んでもらいたいのですが、要は以下の画像がそのヒントになります。

f:id:astrayroad:20170326154444p:plain

朽ち果てたサザビー・・・

 

アニメが楽しみ!!

 

小説はこちら。無料!!

【作品紹介】機動戦士ガンダム Twilight AXIS | 矢立文庫

 

PVはこちら。ちなみに今回はガンダムは敵っぽい

youtu.be

 

 

 

体の歪みを直してもらいました。ストレッチって超重要

日記的な

f:id:astrayroad:20170325213146p:plain

 

今日、仕事中になんとなく前から気になっていた体の歪みを直してもらいたいな~。と思い、前から気になっていた整体院に電話をしてみました。

 

完全予約制なので、もし運よく今日のお昼ごろ予約が取れれば・・・と思って電話してみたところ、あっさり予約できたので行ってみました。

 

とにかく最近、体の調子が悪いので、マッサージに行こうかとも思っていたのですが、ここは多少高くなっても根本的な部分を直しにかかったほうがいいだろう。という考えです。

続きを読む

仕事が辛いけど誰にも本音が言えない時

日記的な

f:id:astrayroad:20170323203756p:plain

仕事が辛い時って誰にでもありますよね。そんな時、みんなはどうしているのか?そんなこと考えたことありませんか?

 

以前の私はある一定まで耐えて、もういいや。ってなったら転職を繰り返してきました。今の会社に入るまで、18歳から22歳までの間、合計3回転職を行なっていますが、2年以上続いた会社は今の会社以外ありません。ちなみに今の会社は今年で勤続15年。我ながらよく続いています。

 

別に今の仕事が天職だとは思っていませんし、毎日数字と顧客対応に追われて心身ともに疲弊しています。

 

たまになんのために生きているのか?と自問を繰り返す時もあれば、もっともっと売り上げを伸ばしてやる。と息巻いている時もあります。

 

今、この記事を書いている現在はちょっと気持ちが落ちている模様です。

続きを読む