読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごちゃまぜにゅーす

副業、IT、ニュース、トレンド、日記、興味があることをごちゃごちゃと書き記していきます。

腕時計は白盤の革ベルトを1本は持っておこう。ファッションも腕時計も無難が1番

f:id:astrayroad:20170503130604p:plain

安くてシンプルな腕時計を新たに購入予定なのですが、今回は白盤、革ベルトの腕時計を購入予定です。よくよく考えてみると、今所持している腕時計にその手のモノがないことに最近気づきました。

 

以前、結構な頻度で装着していたツェッペリンの腕時計は白盤、黒革ベルトだったのですが、どういう経緯か、中古で販売しており、現在は手元にはありません。

 

最近はもっぱらApplewatchが腕に巻きついていますが、フォーマルな場や、ちょっとかしこまった商談時にはやはりシンプルな腕時計がいいかな・・・と思っています。

 

 まあ、今回の記事の本質、というか全てはそこでして、腕時計1本で相手に与える印象って変わると思います。

 

普段から接している顧客や知人であれば、ちょっと派手目だったり、高級な腕時計をつけていても、話しのネタにもできますが、初対面で今後もお付き合いをする可能性がある人と接する場合、もしくは今後、顔をあわせる機会がないにしても、そこに共通の知人等がいる場合は、無難な腕時計をつけておくのが望ましいと思います。

 

たかが腕時計ですが、どうしても見えてしまうし、そういった細部に、人間の深層心理が出てしまうともいいます。

 

特に私のような一般庶民感覚の取引先、もしくは知人しかいない場合、いくら私の所有している腕時計が中古とはいえ、名前は知られているようなブランドをつけていると、初対面の人なんかからは、なんとなく「ふーん」みたいな感じで見られるときもあります。なんというか「ふーん」という感じです。これで察してください。

 

はっきり言って、私の腕時計はグレードも低く、詳しい人からすると全然大したこともなく、無駄に微妙に高いだけの時計なのですが、それでも知らない人からすると「ふーん」なんですよ「ふーん」。

 

べつに何かを主張したいわけではなく、単純に歴史あるブランドで職人の息吹のこもった機械式腕時計をつけたい。というわけですが、人と付き合っていくには、そういった自分の欲求とも戦わなければなりません(大げさ・・・)

 

そうなると、自己欲求を満たしつつ、無難な腕時計が必要なわけですが、現在購入を考えているのが、最近大人気のKnot。

 

Knotに関してはこちら。

 

astrayroad.hatenablog.com

astrayroad.hatenablog.com

 

で、もう一つ考えているのがスカーゲン。

 

www.skagen.com

 

スカーゲンはデンマーク発祥のブランドで、腕時計以外にもバッグなども販売していますが、こちらも結構シンプルで安価。

 

 

 最近はファッションもそうですが、シンプルなほうがいろんな意味でいいかも。って思っています。