読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごちゃまぜにゅーす

副業、IT、ニュース、トレンド、日記、興味があることをごちゃごちゃと書き記していきます。

電子書籍が便利で紙の本が邪魔になっている。でもキンドルは買わない

f:id:astrayroad:20170116225642p:plain

紙の本が好きです。新しい紙の本の匂いや、本屋の雰囲気も好きです。用がなくても本屋には時々足を運ぶようにしています。面白そうな本がないかをチェックして、面白そうなら購入して読むようにしています。

 

電子書籍はなんといいますか、味気ない感じがします。本を読んでいる。という感覚が薄いような気がするのです。しかし、最近はアマゾンのキンドルアンリミテッドを利用したり、楽天ポイントが結構貯まるので、楽天のKoboなどを利用して電子書籍を頻繁に読むようになり、思いもしなかったメリットに気づきました。

 

それは片づける手間が省ける。ということです。

 紙の本のデメリット

何気に本ってスペースを獲るんです。広い家に住んで自分のスペースを大きく獲れる人はオシャレな本棚に本をギッシリ詰めてインテリア代わりにするのもいいですが、自分のスペースがほぼ持てない私にとっては、本の収納は結構頭が痛い問題でした。

 

基本は読んですぐにアマゾンかブックオフで売ってしまうのですが、読み返したい本ももちろんあります。そのような本が10冊も溜まると貴重なスペースが本に侵略されてしまいます。

 

一度、あまりにもごちゃごちゃしていたので、全ての本を売却してしまいました。基本的にごちゃごちゃしたスペースでもあまり気にしないタイプでしたが、急にイラついてしまい、全てを真っさらにしたくて、全て売却してしまいました。

 

するとこれが心地いい。モノがすくないというのは心に平穏を与えてくれるようです。

 

しかし、読み返したい本が無いのも辛い。というわけで電子書籍の利用頻度を増やしてみました。今までも電子書籍はipadなどで利用していたのですが、あくまでメインは紙の本でした。しかし、今後はスペースを奪う本をあまり増やしたくなかったので、電子書籍を多用することに。

キンドルを買おうか悩んだが

しかし、私は電子書籍リーダーを持っていません。有名どころではやはりキンドル。そして楽天Kobo。保持しているipadは画面が大きすぎるので、手頃な大きさの電子書籍リーダーを購入しようかと迷いましたが、とりあえずiphone6PLUSにアプリを入れ、本をダウンロード。読んでみると、意外と読みやすい。

 

iphone6PLUSは画面サイズが5.5インチ。キンドルが6インチ。

 

だったらいらないよね?というのが私の結論。

 

もちろん、フォントの美しさとか目の疲れが少ない。などのメリットもあるかもしれませんが、バッグの中にわざわざ別にキンドルを忍ばせるぐらいなら5.5インチのiphone一つで充分じゃないか。

 

もちろん、街中でオシャレにキンドルを眺めている人をみたら「かっこいい」と思ったりもするけど、今の私には必要ない。うん、多分・・・

 

 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

 

 

astrayroad.hatenablog.com