読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごちゃまぜにゅーす

副業、IT、ニュース、トレンド、日記、興味があることをごちゃごちゃと書き記していきます。

北方領土四島返還と言っている以上、四島が返ってくることは絶対にない

f:id:astrayroad:20161211125341p:plain

 

間もなく開催される日露首脳会談。

 

最近は少しトーンダウンしているが、この会談で北方領土問題が解決、もしくは大幅な進展があるのではないかとの報道、期待が高まっていた。

 

以前、歯舞、色丹の二島返還が確約される可能性があると報道されていたが、これは恐らく政府側のリークで、報道を通じて国民の反応を確かめていたと言われている。

 

そもそも戦後の日ソ共同宣言では、歯舞、色丹を日本に引き渡し平和条約を締結するという流れで話しがまとまっていたが、東西冷戦の煽りを受け、アメリカからの「そんなことするなら沖縄返さねーぞ」という脅しを受け、慌てた外務省が北方領土という概念を創り出し、「四島は日本固有の領土。四島同時返還以外は受け入れられない」という方針を打ち上げた。

 

つまり、ソ連が到底受け入れられない条件を出した。

 

当時の日本の国会でも、国後、択捉はソ連領になったとの認識が答弁されており、日本側も二島返還で決着という方向で話しがまとまっていたらしい。

 

更に日米安保条約改正により、歯舞、色丹を変換すればそこに米軍が駐留する可能性も出てきて、ソ連側が激怒。「二島返還すら無効」との見解をだしており、全ては白紙のまま。今に至る。

 

橋本、エリツィンの時代に再度この問題が協議され、二島返還で決着しようとしていたらしいが、最終的に日本側が「四島の面積等分」をロシア側に提示し、交渉は破たんしたらしい。

 

その後、エリツィンが引退。再び北方領土問題は暗礁に乗り上げる。

 

その後、年月を得て、安倍、プーチンというマッチョな首脳同士で決着させようという雰囲気もあるようだが、それはあくまで二島返還で。ということ。

 

交渉事に100点満点はない。

 

北方四島と言っている以上、四島が返ってくることは絶対にない。

 

交渉は大きく条件を提示し、その半分で決着させるのが定石。

 

もし本気で北方四島の返還を考えるなら、日ソ中立条約を破棄したソ連を厳しく非難し、南樺太、千島列島の返還も求めるぐらいしないとダメ。

 

そしてその交渉の段階で四島返還での妥協を探る。

 

それぐらいしないと四島は返ってこない。

 

思い立って書いた記事だが、私は決して右ではない。

 

 

北方領土の基礎知識

北方領土の基礎知識

 
マンガ 尖閣・竹島・北方領土 ~知らなきゃヤバい国境問題~

マンガ 尖閣・竹島・北方領土 ~知らなきゃヤバい国境問題~

 

 

関連記事

 

astrayroad.hatenablog.com