読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごちゃまぜにゅーす

副業、IT、ニュース、トレンド、日記、興味があることをごちゃごちゃと書き記していきます。

Apple WatchのSiriは結構便利。使える機能を紹介。

f:id:astrayroad:20161106200603p:plain

 

Apple Watchを日常で利用していて結構便利な機能がSiriとカレンダーとリマインダー。

 

SiriはiPhoneMacを使用している人は1度や2度、利用したことがあると思います。

 

しかしiPhoneMacを使用している時に、そこまでSiriを使うかというとそうでもない。

 

たまに変なことをSiriに質問してその答えを楽しむぐらい・・・あ、私ね。

 

 

 

f:id:astrayroad:20161106174601p:plain

Apple WatchとSiri

 

Siriを使用する時ってどういう時かというと、画面操作を集中してできない状況の時。

 

私の場合、運転中など。

 

運転中、メモをとりたいけどハンドルを握っている時などはApple Watch「Hey Siri」と呼びかけてやると、Apple WatchのSiriが反応してくれます。

 

また、画面横のリューズ長押しでもSiriは起動しますので、Hey Siriがうまく機能しない場合は、そちらのやり方でSiriを起動させてください。

 

私はリマインダーをメモ代わりに使用していますので、Siriを起動後「リマインダー」と声をかけると、Siriがリマインドを作成する準備にかかってくれます。

 

f:id:astrayroad:20161106200303j:plain

 

リマインダーをSiriに要求した場合、マイクボタンをタップする必要があるのでちょっと面倒ですが、マイクボタンをタップ後に要件を話してあげると、Siriがリマインダーを作成してくれます。

 

作成されたリマインダーはiPhoneMacに自動的に転送されていますので、とりあえず単語を並べて記憶させ、後からゆっくり編集してやればいいと思います。

 

以前に比べればSiriの聞き取り能力も大幅に向上しているようです。

 

漢字変換で多少の誤字が見られたりもしますが、即席メモとしては充分な能力です。

 

Apple Watchとカレンダー

 

私はスケジュール管理を手帳とiPhoneの両方で行なっています。

 

手帳には細かい文言をすぐに後付けできますので、デジタルで管理をしていてもアナログの記録も並行して行うようにしています。

 

iPhoneでの管理で使用しているアプリは基本アプリの「カレンダー」です。

 

特別な設定をする必要もなく、iPhoneでの記録は自動的にMacApple Watchに同期されます。

 

また、Macで行なった記録も自動的にiPhoneApple Watchに同期されます。

 

Apple Watchに同期されたスケジュールは手元ですぐに確認、表示されます。

 

f:id:astrayroad:20161106200256j:plain

 

今日はもう予定はないので、「予定はありません」と表示されていますが、会議や商談の予定が入っている場合は時間の早い順に表示されます。「カレンダー」部分をタップすると、1週間の予定が表示されますので、スケジュール管理にはもってこいの機能です。

 

Apple Watchは使いよう

 

Apple Watchを購入する前はメリットが少ないように感じていましたが、今は仕事中は他の時計は殆ど装着せず、Apple Watchメインで生活しています。

 

Apple Watchseries2でしたらApple Payも使用できて更に利便性が増すのですが、当分はseries1で過ごすつもりです。

 

iPhoneとうまく組み合わせて使えば、補助ツールとしてはかなり使えます。

 

Siriも使いこなせば貴方の手元秘書として大いに活躍してくれるでしょう。

 

iPhoneを使用しているならApple Watchは是非検討してもらいたいガジェットですね。

 

 

 

 

astrayroad.hatenablog.com

 

 

astrayroad.hatenablog.com

 

 

astrayroad.hatenablog.com

 

 

astrayroad.hatenablog.com