読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごちゃまぜにゅーす

副業、IT、ニュース、トレンド、日記、興味があることをごちゃごちゃと書き記していきます。

転職が多い人は感情のコントロールができていないと思う

仕事

f:id:astrayroad:20161016082339p:plain

 

 

18歳から22歳までの間に、4回の転職をしました。

 

しかし、今思うと、この決断は正しかったと思っています。

 

今も辞めた会社のいづれかに在籍していたならば、こんな風に日曜の朝に悠長にブログは書いていないと思います。

 

多分、早朝のバイトをしながら、そして平日の夜もバイトしながら、なんとか家族を養っていたんじゃないかと思います。

 

 

というか結婚当初がそんな感じでした。

 

朝、昼、夜、休日、とにかく働いて生活費を稼ぐ日々。

 

今でこそ、そこそこな年収もあり、被災したとはいえ、一戸建ても購入。

 

副業で家族とは別に200万円ほどは自由に使えるお金が手元にあるわけで、減ったらまた増やせばいい。みたいな感覚を持てるようになってます。

 

私が転職した大きな理由の一つが、「ここじゃ稼げない」と判断したからです。

 

稼げないと判断した理由は以下の通り。

 

  • 会社のビジネスモデルが今後衰退するのが間違いないと判断。
  • そもそも社長、上司がやる気がない。
  • そもそも社長、上司が〇〇まが悪すぎる。(色んな意味で)

 

私は頭がいいわけではありませんが、行動力はある方だと思います。

 

やらない後悔よりやって後悔した方が絶対にいいと思っています。そもそも年配であと10年、今のビジネスモデルで喰えてればいいや。と思っている上司と、あと20〜30年は最低でも喰っていかなければならない者との考え方が違うのは当たり前です。

 

10年後を想像し、ここでは無理。と判断した場合、転職を決意しました。

 

あ・・・最初の会社はクビでした・・・18歳・・・人生完全にナメてました・・・

 

そして今の会社に入社するのですが、現在14年勤務。間も無く15年目を迎えます。

 

これだけ続いているのは、もちろん収入の面。将来性(当時はあった。今はかなり厳しい。しかし望みはある)等々があるわけですが、やはり上司との対立、価値観の違いだけはどうしても切っても切り離せないものです。

 

人生の悩みの8割は人間関係

f:id:astrayroad:20161016082902p:plain

 

様々な仕事上の困難に立ち向かえても、どうしても消化できないのが人間関係。

 

特に上司との関係は難しい。

 

自分と完全に価値観の相違がある上司と共に仕事をする場合、自分が持っているクリエイティブな発想や行動を批判されることもあると思う。

 

例えそれで結果を出していても、その結果を出すために払った僅かな代償を指摘し、責めてくる時だってある。

 

理論的に理解できる説明をくれる上司ならともかく、感情に任せた叱責を叩きつけられるほど感情を揺さぶるものはない。

 

その感情をうまく発散させられるか否かが転職回数を変えたりもする。

 

  1. わかりました。と表向き従順な態度をとる
  2. 理論返しして論破してしまう。
  3. キレる。

 

ベストアンサーは1だと思うし、殆どの会社員はその選択をしていると思うが、それが出来ない人も多くいる。

 

かくいう私も、あまり出来ない。

 

幸い、今の会社は比較的に好き勝手やらせてもらえるし、直属のトップの上司は頭が良く、理論的に諭してくれるので、いろんな指摘をされても、納得してその反省を次に生かすことが出来ている。

 

しかし、トップではない中間の上司とは何度か対立し、個人的には嫉妬の混じった叱責を受け、私は2と3の選択をしてしまい、会社を去ろうとしたこともある。

 

最終的に、その時は事なきを得たが、現在も時折、そのような事が起きそうになる。

 

私は出来れば、まだまだ今の会社で仕事をしたいと思っているし、現実問題、今、子供達も含め、とにかくお金が湯水のように流れ出る状況では、いくら副業をやっているからといっても、現在の収入は減らすわけにはいかない。

 

しかし、されどしかし、人間は感情で動いてしまう生き物。

 

いつどこで沸点を迎えてしまうのかは解らない。

 

つまり、私のように仕事の時の感情をコントロールできない人間。

 

簡単にいうと頑固者。

 

こんな人は転職が多いような気がします。

 

転職相談をしてくる人は1〜3年で再び相談してくる。

f:id:astrayroad:20161016083311p:plain

 

仕事で時々、転職の相談を受けます。

 

その時、条件さえ整っていれば、新しい会社を斡旋したりもするのですが、そういった人で大体半分ぐらいの人は、1〜3年でまた同じ相談をしてきます。

 

理由を聞くと、間違いなく人間関係です。

 

「自分と合わないから辞める」

 

この理由が圧倒的に多いです。

 

辞めたいと言ってきている人は、殆どが社内で誰かしらと対立してしまっており、もう修復できない状態になっています。

 

そしてこういう人は、次の会社でも同じ事を繰り返すのだろうな・・・と思ってしまいます。

 

こういう事例に数多く接していると、如何に自分の感情をコントロールし、上手く立ち回り、職場を自分の望む環境に持っていけるかがポイントになると思います。

 

組織で働くということ、組織で生き残るということは、自分の感情との戦いでもあるわけですよね・・・

 

やるべき転職。堕ちる転職

f:id:astrayroad:20161016083704p:plain

 

もちろん、プラス思考での転職は全然問題ないと思いますけどね。

 

マイナス感情のダークサイドに堕ちた転職を繰り返していては、いつかその身を滅ぼすよ。という自戒の念を込めた記事でした。

 

 

astrayroad.hatenablog.com