読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごちゃまぜにゅーす

副業、IT、ニュース、トレンド、日記、興味があることをごちゃごちゃと書き記していきます。

今すぐ営業を辞めたほうがいい人達

f:id:astrayroad:20161009211908p:plain

 

 

営業という仕事は、特殊な仕事です。

 

まず時間の概念がありません。

 

1日の法定労働時間が基本的に8時間だとしても、そんなものは営業の仕事には当てはまりません。

 

書類作成や移動時間、商談などをこなしていけば、毎日軽く12時間以上は仕事に拘束されます。

 

営業という仕事は、理不尽です。

 

どんなにプロセスに時間を費やし、見込み客のために力を尽くしても、数字が出なければその作業は一切評価されません。

 

毎日サボり、いつも嘘の日報を上司に提出しても、数字さえ出していれば評価されます。

 

また、顧客から無理難題を押し付けられ、脅しにも似た要求をつきつけられ、上司からは過酷なノルマを与えられます。

 

営業を辞めたほうがいい人

 

f:id:astrayroad:20161009212204p:plain

 

  • 上記の例を読んで無理だと思った人
  • 実際に営業を行っていて、サボっても結果を出している人間を嫌悪している人。
  • お願い営業で受注を取っている人。

 

特にお願い営業をしている人はすぐに辞めたほうがいい

 

お願い営業とは読んで字の如く、顧客に対し「お願い」して商品を購入してもらう行為です。

 

数字が足りず、顧客に懇願し不足分を補う営業は、時には同情を買い、成約に結びつくかもしれません。

 

しかし、その分、貴方の大事なものが奪われます。

 

プライドです。

 

数字を恵んでもらうために頭を下げるのと、商品を納得の上で購入してもらい、感謝を込めて頭を下げるのは大きな違いです。

 

営業の仕事は恵んで貰うことではなく、与えることです。

 

営業は顧客と対等でなければなりません。

 

顧客に対し、商品を提供することで、顧客に利益を与える存在です。

 

商品は関係ありません。顧客の問題を解決するツールとして商品を提供するのですから、どの商品を扱っても根本は同じなのです。

 

顧客の求めていない商品を一所懸命にPRしても意味がありません。

 

顧客がそれを求めていない。困っていないと解ったらすぐにPRはやめ、次に行くか、その顧客の本当に困っているものを探します。

 

困っているというのは、欲しがっているとも置き換えられます。

 

欲しいけど踏ん切りがつかないのなら、背中を押してあげます。

 

営業という仕事は、心理学です

 

f:id:astrayroad:20161009214731p:plain

 

営業は如何に相手の考えを読み取ることが出来るかにつきます。

 

相手の本心を読み解き、こう言えばこう返すということを常に想定する必要があります。

 

逆を返せば、それが出来ない人が、お願い営業に走るのだと思います。

 

営業という仕事は、プライドが一番です。

 

 

f:id:astrayroad:20161009215159p:plain

 

常に顧客と対等であり、顧客に与える存在でなければなりません。

 

恵んでもらう営業をするぐらいなら、今すぐ営業を辞めたほうがいいと思います。

 

それぐらいお願い営業は精神をすり減らし、やがて自信を喪失し、人生をも狂わせます。

 

お願い営業を辞めるのか。営業自体をやめるのか。

 

営業はハマればとても面白い仕事です。

 

営業に悩んでいる人は、一度この本を読んでみてください。

 

貴方の営業人生が大きく変わるはずです。

 

 

営業の魔法―この魔法を手にした者は必ず成功する

営業の魔法―この魔法を手にした者は必ず成功する