読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごちゃまぜにゅーす

副業、IT、ニュース、トレンド、日記、興味があることをごちゃごちゃと書き記していきます。

キンドルアンリミテッドであれば月に100冊読書も可能だと思う

f:id:astrayroad:20160904181731p:plain

 

キンドルアンリミテッド。遅ればせながら登録しました。

 

とりあえずは一か月間。無料なので使い倒してみて、その後、継続するかを考えます。

 

現在は普通に面白そうな本がいっぱいあるので、問題ありません。

 

私の場合、基本的にビジネス書と自己啓発本を読むことが多く、小説と漫画は紙で読みたい派なので、120万冊といっても読む本というのは限られてくるとは思います。

 

まあ、それでも莫大な冊数だとは思いますが。

 

 

キンドルアンリミテッドは速読に向いている

 

一番のポイントはここでしょうか。

 

速読といっても特別なスキルが云々ではなく、さっと目を通して必要な部分をしっかり読む。メモをとる。スマホタブレットで読んでいるならキャプチャして保存するといったことです。

 

定額読み放題ですので、タイトルで選んでさっと流し読みしてしまえばいいわけです。

 

そんなので頭に入るのかと言われれば、入ります。

 

小説などは一言一句、熟読していきながら場面、状況を思い起こしながら楽しむのがいいのですが、ビジネス書や自己啓発本は流し読みしてピンときた部分が今、自分に必要な部分だと思います。

 

ピンとこなければ流していいと思います。別の日に読んだらもしかしたらその時にピンとくるかもしれませんが、だったらその時に熟読すればいいと自分では思っています。

 

より多くの知識と情報に身をさらす

 

本を次から次へと流し読みできるというのは贅沢なことです。

 

本屋で立ち読みして流し読みして気にいれば購入するというパターンを今までやってきていました。

 

基本的に書籍の新古は問わず、面白そうであれば手にとり読んでみて判断していました。

 

しかし、月に10冊も20冊も買う気にはなれません。面白そうと思って購入して、ちょっとしっかりと読んでみたら期待外れだったという本が多かったら流石にもったいないです。(貧乏性ですね・・・)

 

でもキンドルアンリミテッドならその心配はないので、どんどんタイトル追加していけます。これって凄くうれしい。(貧乏性なんです・・・)

 

知識を得るにはまず膨大な情報に身をさらす必要があると思います。

 

そして大事なのが情報の断捨離。

 

自分にとっての必要な情報だけをしっかりと頭に残し、活用する。

 

これができないと、ただの頭でっかちになると思いますので、情報を収集するだけでなく、整理も同時並行でやっていく必要があります。

 

毎月100冊読書も可能

 

キンドルアンリミテッドを使用すれば月100冊の読書は結構容易にできると思います。

 

問題は読んだあとの情報整理だと思いますので、読んだらポイントを自分なりに書き出してみるのもいいですね。

 

読書は最小のコストで出来る最大の自己投資ですね。

 

 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 

 

 

 

 

Fire HD 8 タブレット 8GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット 8GB、ブラック

 

 

 

astrayroad.hatenablog.com

 

 

astrayroad.hatenablog.com