読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごちゃまぜにゅーす

副業、IT、ニュース、トレンド、日記、興味があることをごちゃごちゃと書き記していきます。

進撃の巨人 謎考察。敵はせー・・・敵はいったいなんなのか?

書評

f:id:astrayroad:20160212225505p:plain

追加記事あり。2017年1月8日 

 

進撃の巨人。謎考察です。今回はエレン達の本当の敵は誰なのかを考えます。

 

そもそも進撃の巨人は当初、人類VS巨人の構図でした。

 

人間を喰らう謎の巨人と、人間との戦い。

 

しかし、現在は壁内人類VS巨人化能力を持つ壁外人類。となっております。

 

しかし、敵の壁外人類はいったい何者なのかが未だわかっていません。

 

とりあえず今、解っていることは下記です。

 

 

現在解っている敵の情報

 

  • 壁外人類は壁内人類を悪魔の末裔と呼んでいること。
  • ライナー、ベルトルト、アニは「座標」と呼ばれるなにかを奪還するために壁外から壁内に送り込まれたこと。
  • 「座標」は現在、エレンが持っていること。
  • エレンの父、グリシャは壁外出身の可能性が高いこと。
  • 壁外人類は、壁内人類の死滅を目的としていること。
  • 獣の巨人はジーク戦士長。全ての謎を知っているらしいこと。
  • 壁外人類は壁内人類よりもすぐれた文明をもっていそうなこと。

 

正直、物語は終盤に近付いているようですが、いまだに敵の正体や、なぜ壁内人類を滅ぼそうとするのかが解っていません。

 

ただ、今までの話の流れからすると、壁内人類の祖先が、なにかしらの大罪を犯したのは間違いなさそうです。

 

壁外人類は、壁内人類にいったいなにをされたのでしょうか?

 

壁内人類の死滅を望むくらいですから、よほどのことでしょう。

 

しかし、壁内人類の人々の記憶は初代王により改竄されており、記録も全て処分されているようですから、知る術がありません。

 

一度、敵の正体が解りかけた時がありました。

 

それがこちら

 

f:id:astrayroad:20160212225159p:plain

 

これはエレンとユミルが、ライナー、ベルトルトに拘束され、彼らの言う「故郷」に連行されかけていた時の1シーン。

 

エレンの「敵はなんだ!?」の問いにユミルが答えかけた時に、ライナーがその言葉を遮るシーン。

 

敵?そりゃ言っちまえばせー

 

せー・・・なんなんでしょうか?

 

ちょっと考えてみます。

 

  1. 世界
  2. 政府
  3. 聖職者
  4. 西洋人
  5. 世紀末覇者

これぐらいしか思い浮かびません。

 

まず、政府ですが、これは既に調査兵団により倒されてしまっていますので、違いますね。

 

聖職者・・・うーん・・・確かにウオール教なる人たちは、壁の中に埋まっている超大型巨人に関しても知っているようですし、恐らくは世界の謎を全て知っているのでしょう。しかし、ニック司祭は憲兵隊に殺されてましたし・・・真の敵ではないような・・・。

 

西洋人・・・他のサイトにも記載されていましたが、可能性はありそうです。

 

この世界では、東洋人という単語がでてきます。また、東洋人は非常に珍しいらしく、アッカーマン性を持つ東洋人は特別な力をもっているようですから、西洋人という言葉も存在するでしょうし、なにか大きな意味を持つのかもしれません。

 

世紀末覇者・・・すいませんでした。

 

世界・・・実はこれが一番可能性はあるような気がしています。

 

というのも、この物語の印象的な言葉に、「世界は残酷」という言葉があります。

 

要所要所に使われているこの言葉。

 

f:id:astrayroad:20160212233532p:plain

 

f:id:astrayroad:20160212233555p:plain

 

 

f:id:astrayroad:20160212233625p:plain

 

f:id:astrayroad:20160212233722p:plain

 

もしかしたら壁内人類は世界のすべてを敵に回しているのかもしれませんね。

 

 

 

astrayroad.hatenablog.com

 

astrayroad.hatenablog.com

 

 

 

 

astrayroad.hatenablog.com

 

 

 

astrayroad.hatenablog.com

 

 

 

進撃の巨人 コミック 1-18巻セット (講談社コミックス)

進撃の巨人 コミック 1-18巻セット (講談社コミックス)

 

 

 ランキング参加中です!!

 


人気ブログランキングへ

 


にほんブログ村