読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごちゃまぜにゅーす

副業、IT、ニュース、トレンド、日記、興味があることをごちゃごちゃと書き記していきます。

ヤフオクの自動入札。熱くなりそうなら使用すべし

f:id:astrayroad:20160130221148p:plain

 

ヤフオクといえば、誰もが知っている日本一のオークションサイト。

 

常時3900万商品が出品されているらしく、その圧倒的な商品数は、国内の他のオークションサイトを遥かに凌駕します。

 

商品数が多い分、自分が欲しい商品も見つけやすいわけですが、オークションサイトということもあり、欲しい商品が自分の希望の値段で確実に買えるともかぎりません。

 

ヤフオクでは、出品者が『即決価格』で出品していることもありますので、そのような場合はその提示されている金額で折り合いがつくのであれば、すぐにその商品を購入することができます。

 

しかし、通常はオークションですので、他者と競り合うことになります。

 

オークションは終了10分前が勝負。と言われるほど、オークション終了10分前になると、急に価格が動き始めることも多々あります。

 

自身が最高金額で入札を行い、終了まで後1時間ほど・・・このままだったら安く落札できるかも・・・

 

そのような考えを持っていて、いざオークションが終了間際になった時、突如現れた他者に最高金額を更新され、焦って更に入札を行い、気づけば熱くなり、落札できたものの、推定予算をオーバーしていた・・・

 

または、資金に余裕を持って最高金額で入札を行って放置していたが、いざ終わってみると、僅かな金額の差で他者に落札されていた。

 

どちらも悔しいですよね。

 

特に前者は、人間の心理的に、もうすぐ手に入れられそうな物が手に入らないかもしれない。という損失を恐れる気持ちが働き、入札を重ねていくという、最も避けたい例です。

 

かといって余裕を持った入札で、最後に足元をすくわれるように商品を持っていかれるのも避けたいものです。

 

しかし、ずっとオークションに目を通せてる訳ではありません。

 

ですから、ヤフオクで入札する際は「自動入札」をしっかり活用することをおすすめ致します。

 

自動入札とは?

 

自動入札とは、その名のとおり、自動で入札してもらえるヤフオクの標準機能です。

 

特別の操作は必要ありません。

 

以下、ヤフオクのサイトからの抜粋です。

 

【入札者のいないオークションに入札する場合】

自分が払える予算の上限で入札します。ほかの人が入札してきた場合は自動入札が働き、上限金額まで自動的に競って再入札されます。

また、誰も入札しなかった場合は、開始価格で最も安く落札できます。

 

【入札者のいるオークションに入札する場合】

自分の入札額が相手の最高入札額に届くまで、自分と相手の自動入札が働き、高値が更新されていきます。自分の入札額が相手の最高入札額を上回るまで、相手の最高入札額はわかりません。

入札と同時に少し高い(入札単位分)価格で高値が更新されるのは、相手の自動入札が働いているためです。

【自分が最高額入札者のオークションにほかの人が入札してきた場合】

あなたの最高入札額を上限として、相手が入札するたびに入札単位ずつ価格を上げて自動的に再入札します。

 

  • 現在の価格が「300円」で入札者なしのオークションに、最高入札額「700円」で入札した場合

    自動入札により、入札が可能な最低金額「300円」で入札され、現在の価格は「300円」、最高額入札者はあなたになります。そのままオークションが終了した場合、あなたが300円で落札します。

  • 現在の価格が「300円」、ほかの人が最高入札額「700円」で入札中のオークションに、あなたが最高入札額「500円」で入札した場合

    自動入札により、相手が「510円(あなたの最高入札額500円+入札単位10円)」で入札して最高額入札者になり、あなたは最高額落札者になれません。そのままオークションが終了した場合、相手が「510円」で落札します。

  • 現在の価格が「300円」、ほかの人が最高入札額「700円」で入札中のオークションに、あなたが最高入札額「715円」で入札した場合

    自動入札により、あなたが「710円(相手の最高入札額700円+入札単位10円)」で入札して最高額入札者になります。そのままオークションが終了した場合、あなたが「710円」で落札します。

 

ヤフオク ヘルプより。

 

 

入札例ですが、たとえばこの商品。

 

f:id:astrayroad:20160130224654j:plain

 

現時点で入札をしている人はいませんが、もしかしたら競り合うかもしれません。

 

私はこの商品を¥70,000円までなら競り合えます。

 

f:id:astrayroad:20160130225115j:plain

このように、通常の入札時に上限の¥70,000をあらかじめ入札しておけばあとは放置していても大丈夫です。

 

この自動入札機能を使えば、自分の上限予算で入札さえしておけば、後はヤフオク側が、自動的に競合入札まで行ってくれます。

 

オークションにはりついておく必要もありませんし、熱くなる必要もありません。

 

この自動入札機能を使い、ヤフオクをもっと便利に利用しましょう!!

 

 ランキングに参加しております。


人気ブログランキングへ

 

 

にほんブログ村

 

 

 広告