読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ごちゃまぜにゅーす

副業、IT、ニュース、トレンド、日記、興味があることをごちゃごちゃと書き記していきます。

世の中に疲れた時、読んでみたい本

書評

f:id:astrayroad:20160124190236p:plain

 

毎日の仕事や生活にふと疲れたとき、「人生、こんなもんなのかな・・・」と考える時ってありますよね。

 

でも、仕事をしなければ生きてはいけない。特にこの資本主義の社会では、お金が無くてはどうしようもない。

 

そんなふうに考えた時、なんだか自分が自由でなく、なにかに縛られたような気持になります。

 

そんな時に読んだ本なのですが、なにか色々と考えさせられました。

 

 

 

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21)

 

 

 この本は、現在のマネー資本主義ではなく、身近な物や自然の物を最大限に生かし、お金では得られない、「真の豊かさ」を得よう、という内容です。

 

「真の豊かさ」ってなんだろう?

 

現在の日本の仕組みから考えると、豊かさ=お金です。

 

「愛だろ。愛」

 

なんてことを言ってる人は、多分、彼女が出来たばかりのうかれ野郎です。

 

まともに生活したければ、お金はそれなりに持たなければいけません。

 

しかしこの本では、お金に頼らず(もちろん最低限は必要)身の回りの身近な資源を最大の資本とし、「心の豊かさ」を得ることを推奨しています。

 

正直、今の私には現実的に無理ですが、「いつか、こんな生き方もありかな・・・」と想いを馳せたりしていました。

 

ちなみに私にこの本を勧めた人は、本当に会社を辞め、現在は山暮らしになっております・・・すご・・・

 

 

 

良かったらポチっとお願いします。 


人気ブログランキングへ

  


にほんブログ村